トリバゴ座間味島情報

トリバゴ座間味島について│ホテル予約サイトで座間味島で検索

トリバゴ座間味島についての情報をお届けします。
座間味島はどういうところなのか?を紹介していきます。


このページではトリバゴで検索してホテルが見つかる座間味島についてネット、雑誌、ブログなど様々な媒体から情報を収集しながら、役立つ情報を掲載しています。


座間味島(ざまみじま)は、沖縄県島尻郡座間味村、慶良間諸島に属する島です。
那覇から約40km西へ行ったところに座間味島はあります。
人口は、約900人(2018年1月)で人口は増加傾向にあります。
年間、10万人が訪れる観光地として有名な島です。


座間味島が有名になったきっかけは、実話を基に制作された映画『マリリンに逢いたい』(1988年)で座間味島は有名になりました。
このサイトでは座間味島の観光などについてカンタンに紹介していきます。

トリバゴ│座間味島のインフォメーション『古座間味ビーチとは?』



目次
1. 記事トップ
2. 古座間味ビーチ
3. 座間味島の観光スポット
4. その他ページについて

座間味島の古座間味ビーチについて

このコーナーには、トリバゴ座間味島について当サイトが情報収集したものを、コンテンツとして掲載していきます。
座間味島の古座間味ビーチについて詳しい情報をお求めの方は、このページから、詳しく確認いただけます。


座間味島の島全体の左下の位置にある古座間味ビーチは、真っ白なコーラルサンド(コーラルサンド)と、透明なブルーの対比がとても美しく、あの有名なミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで2つ星がついた島のメインビーチです。


ほんの数mも泳げば、沢山の種類の熱帯魚と戯れることもできます。
そして、古座間味ビーチからは、座間味島と阿嘉島の間にある3つの無人島の中で、一番大きい安室島が見えます。


他2つの安慶名敷島と嘉比島と比較すると3倍以上もある長さで、年に数回ですが、潮が大きくて、引く日の干潮時に、座間味島と幻の道で繋がり、神秘の島と言われている無人島です。


因みに古座間味ビーチから約200mのところに安室島があります。
また、引く日の干潮時に道は出来るので歩くことは出来ますが、道が出来ているのは、わずかな時間で、無くなるとともに海峡のため、流れが速いため、猛烈な速さで流れて足が取られてしまうので、とても危険です。

幻の道は見るだけのみにしておきましょう!

トリバゴ座間味島│座間味島の観光スポットは・・・

トリバゴ座間味島について

座間味島の観光スポットとしては、阿真ビーチ、神の浜展望台、マリリンの像、稲崎展望台、平和之塔などがあります。
平和之塔ですが、1945年3月に米軍は慶良間列島を海空から砲撃を行いました。


3月26日沖縄戦の第一歩となった、上陸が行われたのが座間味村でした。
平和之塔は、戦争で犠牲となった村内外の御霊をお祀りしています。


また、冒頭で説明したマリリンの像ですが、映画「マリリンに逢いたい」で有名になった実在の犬のマリリン像。
ウルノサチの岬でサンゴ礁の海をボーイフレンドシロが阿嘉島から泳いでくるのを待っているところです。


体験滞在交流施設ウハマがありますが、島の東の阿佐集落から更に東へのところにある体験滞在交流施設ウハマ
静かな安護の浦に面しており、背後を神々が降り立つ山に守られており人里離れたコテージ村となっています。


かすかな波音と満点の星空。野鳥の撮影ポイントでもあるようです。
コテージ5棟ありますが、2019年度末までは事情により予約はしていないようです。


座間味島の見所は沖縄県全体がもそうですが、座間味島もダイビングが人気です。
また、座間味島の観光スポットはたくさんありますので、あなたの気になったところを確認しては如何でしょうか?


座間味島までの交通アクセスとしては、羽田から那覇まで約2時間35分で、那覇空港から那覇泊までバスで15分で、座間味島まで高速船で約50分で到着です。
宿泊するならトリバゴで座間味島を検索してホテル予約して下さいね。

このページ『トリバゴ座間味島』ではサイトに訪問された方への情報提供をしていきます。『ホテル、旅館もトリバゴで』のテレビCMで話題のホテル料金比較サイトのトリバゴは、国内だけでなく海外まで、年間14億人が利用している検索サイトです。