トリバゴ久米島情報

トリバゴ久米島について│ホテル予約サイトで久米島検索

トリバゴ久米島についての情報をお届けします。
久米島とはどういうところなのかを紹介していきます。


このページではトリバゴで検索してホテルが見つかる久米島についてネット、雑誌、ブログなど様々な媒体から情報を収集しながら、役立つ情報を掲載しています。


久米島(くめじま)は、沖縄本島から約100km西の位置にある沖縄諸島に属する島です。
日本で最も西の位置にあり、東北楽天ゴールデンイーグルスが毎年キャンプをしていることでも有名です。
人口は、7,393人(2019年1月)、島の面積は63.21km2です。
沖縄離島の中では、沖縄本島、西表島、石垣島、宮古島に次いで5番目の大きさの島です。


久米島は、美しい自然と海というイメージがありますが、それだけではなく、独特な文化などがあります。
このサイトでは久米島の歴史や観光をカンタンに紹介していきます。

トリバゴ│久米島のインフォメーション『宇江城城跡とは?』



目次
1. 記事トップ
2. 久米島のインフォメーション
3. 久米島の観光スポット
4. その他ページについて

久米島の宇江城城跡について

このコーナーには、トリバゴ久米島について当サイトが情報収集したものを、コンテンツとして掲載していきます。

久米島の宇江城城跡について詳しい情報をお求めの方は、このページから、詳しく確認いただけます。


久米島にある宇江城城跡(うえぐすくじょう)についてカンタンに説明していきます。

宇江城城跡は、久米島空港から車で北へ5分のところにあるミーフガーと近い位置にあります。
宇江城城跡は、宇江城岳の山頂に築かれたグスク時代の城跡です。
※グスタ時代とは按司時代(あじじだい)で11世紀から12世紀頃から15世紀前半または、16世紀頃までと言われてます。


宇江城城跡の築城年代は記録がないため不明ですが、ある説では伊敷索(ちなは)按司(あじ)の長男である久米(くめ)仲城(なかぐすく)按司が築いたとされています。


宇江城城跡から、中国輸入陶磁器の欠片が数多く出土しており、現在でも発掘作業が続けられているようです。
城跡頂上から比屋定の集落やはての浜など、島全体を一望できる唯一の場所として観光客にとても人気です。

トリバゴ久米島│久米島の観光スポットは『おばけ坂とは?』・・・

トリバゴ久米島について

久米島の観光スポットは、ミーフガー、奥武島の畳石、久米島ホタル館、宇江城城、久米島ウミガメ館、おばけ坂などがあります。
その中のおばけ坂ですが、あなたはご存知ですか?意外と有名なスポットとして人気のようです。


おばけ坂は怪奇現象?なのでしょうか?このおばけ坂は1990年頃に高校教諭が偶然発見したものです。
坂の途中でNにして止めていて、上り坂を進んで行くという現象が起こったそうです。


おばけの仕業とも言われ話題となりましたが、風景や勾配などで錯覚を起こす縦断勾配錯視のようです。
もしかするとそれだけではないのかもしれませんが…。


そういえばこのような話は私が高校の時、当時の高校の教諭が偶然発見したと聞いたことがあります。
確かその先生の名前がついたとか言っていたような気がします。


色々調べてみると他の県でもそのような超常現象があるようですね。
まずは久米島のおばけ坂に行ってみたいと思いませんか?


久米島までの交通アクセスとしては、東京から久米島まで約3時間45分で到着です。
宿泊するならトリバゴで久米島を検索してホテル予約して下さいね。

最後になりますが、久米島をトリバゴで検索する際に使い方がカンタンに出来ればとても便利になります。
他のぺージで、トリバゴの使い方を紹介していますので確認してみて下さいね。

このページ『トリバゴ久米島』ではサイトに訪問された方への情報提供をしていきます。『ホテル、旅館もトリバゴで』のテレビCMで話題のホテル料金比較サイトのトリバゴは、国内だけでなく海外まで、年間14億人が利用している検索サイトです。「トリバゴ久米島」でホテル検索、予約をしてみませんか?急な出張や突然決まった旅行などもトリバゴで検索すれば、あなたの希望に合った久米島のホテルがきっとみつかります。たくさんのホテル予約サイトを比較できるので、お得な宿泊先を予約可能です。またトリバゴの無料のスマホアプリを利用すれば、更に便利にホテルを検索・予約ができます。世界最大級のホテル比較サイトトリバゴをぜひご活用下さい。