格安で国内旅行に行く9つの方法の情報

格安で国内旅行に行く9つの方法

旅行に出かけましょう?

どこか観光に行って見たいけど、仕事が忙しくて、いけないとか、そもそも予算がなくて行けないという方も少なくないのではないでしょうか?


今回、ご紹介しているのは、格安で旅行に行く9つの方法ということで、紹介しています。
9つの記事を読んで頂き、あなたに合った旅行プランでご検討してはいかがでしょうか?


お金よりも時間が多くあるかたは、時間をかけることで旅行を少ない予算におさえる事ができるのです。


事前に、パンフレットやガイドブックやインターネットなどで調べることによって、時間をかけたり、往復の交通手段についても、スピードの遅めのものを選び低コストに抑えられるはずです。


基本的に旅行は、十人十色で人それぞれのスタイルがあるのです。ただただ、急ぎ足で、有名な観光スポットを次々に移動するだけという旅行は、割高なわりに、心に贅沢なものにはならないように感じます。


我々日本人は、残念ですが長期間の休暇を取ることが難しいため、仕方なく、こういったあわただしい旅行となってしまうのでしょう。


ですので、スローな乗り物に乗り、ゆったりと、たまたまお隣りに座ったかたと、たわいない世間話をしてみたり、車窓から風景を眺めたり、何も考えず、物思いにふけって目的地までのひとときを過ごすというのも素敵なことじゃないでしょうか。


それも、非日常のワンシーンなのです。かえって、少ない予算であってもいろいろと吟味して予めの準備したり、さまざまな工夫をしながら旅行を計画し、それを実行にうつすというほうが、ずっと旅行らしくて楽しさも大きい感じがします。


自分だけの完全にオンリーワンの旅行となりますね。このような旅行計画も楽しみつつ、そのうち金銭的に余裕ができた時に、五つ星ホテルのようなリッチな旅を満喫できるくらいの旅行に出掛ければ良いと思います。


非日常が堪能できるなら、すぐお隣の県に遊びにでかけるのも、旅行の一つでしょうし、隣町に自転車ででかけることだって、ある意味、旅行と言えるのではないでしょうか。


あなたの発想次第で、いくらでも安い費用で旅行をする事が可能だと言えます。なので、さっそく、この週末にでも、お出掛けしてみてはいかがですしょうか。


色々なパターンがありますので、どうぞ参考にしていただければと思います。
※この項目に沿って格安の旅行についての内容を説明します。

格安で国内旅行に行く方法(1)



目次
1. 記事トップ
2. 格安で国内旅行に行く方法(1)
3. 格安で国内旅行に行く方法(2)
4. 格安で国内旅行に行く方法(3)
5. 格安で国内旅行に行く方法(4)
6. 格安で国内旅行に行く方法(5)
7. 格安で国内旅行に行く方法(6)
8. 格安で国内旅行に行く方法(7)
9. 格安で国内旅行に行く方法(8)
10. 格安で国内旅行に行く方法(9)
11. まとめ
12. その他ページについて

旅行好きな人ほどいろいろな工夫をし、格安であちこち出かけています。


あなたがもし年に1回も旅行に行けていないならせめて年に1?2回は旅行できるように、また今1年に1回の割合の方は、2?3回は行けるようにするため、まずはその位を目指すところから始めてみましょう!


最初からあまり無理しすぎるのはかえって逆効果になってしまいますので・・・。


さて、格安で旅行に行く方法はいろいろとあるのですが、まずどこに旅行に行きたいかを決めないといけません。


よく、「どこでもいい。」とか「なんとな?く旅行に行きたいな。」という方がいますが、本当にどこでもいいなら、近くの旅行会社やインターネットでもいいので、とにかくあなたが払える金額の格安旅行を検索し、そこに行けばいいだけです。


特に行き先が決まっていなければ、そんな感じの決め方でも全然良いですよね?


そうすれば、かなりの格安旅行ができるのは事実。


行き先が決まっている旅行では味わえない期待感もあります。


例えば、金額だけで決める旅行先は、一体どこの都道府県であるのか、そしてそこではどんな楽しい体験が待っているのかなど考えるのも楽しみの1つになるかと思います。


お得な旅行先を調べた結果、もしその行き先があまり気に入らなければ、もう少しだけお金を出して別な所を探しせばいいのです。


実際、このように行き先もどこを観光するかなども事前に知らされない『ミステリーツアー』というものもあり、決して安価とはいえませんが、とても人気があります。


ご自身で探す時、旅行に出る前に、行き先も観光スポットもひととおり分かってはいますが、そこを探し当てるまではミステリーツアーのようなものですよね?

格安で国内旅行に行く方法(2)

行きたい場所が決まっている旅行でも、できるだけ格安旅行にする方法はいくつかあります。


まず最初に旅行会社を使用する方法から紹介しますね。


昔からある一番簡単な方法ですができるだけ多くの旅行会社を周り、行ってみたい所のパンフレットを集めてきます。


そしてその中から最も安価な旅行を選びます。


旅行会社のHPを比較し、最も安価な旅行を選ぶという方法でもOK!


パソコンやスマフォの操作ができるなら、この方法でもカンタンに安価な旅行を見つけられるのでおすすめです。


さらに旅行会社のHPだけではなく『楽天トラベル』、『ヤフートラベル』、『じゃらん』のような旅行専門のサイトで比較してみるというのも良いですね。


パンフレットでもホームページでもあなたが行きたいツアーをすぐに探すことができてとってもに便利ですよ。


あなたが行きたいと思う中から、格安でも充分満足できるツアーを探すだけ。


もちろん、何泊するかとか、飛行機か新幹線とか、外せない観光スポットを網羅しているかなど、あなたの希望条件を全て満たしているかをチェックした上で、更に安価なものということですよね?


もし、必要条件を全て満たしているものは、格安では無理であればどこかで妥協することも必要でしょう。


どこを妥協するかによって、旅行費用をかなり安価に抑えられるのも事実です。


必要条件と妥協点を上手に組み合わせ、快適な旅行を格安で楽しみましょう!

格安で国内旅行に行く方法(3)

同じ場所に旅行に行くにしても、何種類ものツアーがあり旅行代金も異なります。


同じ日程なのにかなりの差が出ることもあります。


それはいったいどうしてなのでしょうか?


まず、同じ日程で同じ観光スポットを周るのに旅行代金に差が出る場合は、宿泊施設の違いが価格の差ということになります。


価格の高い旅行商品は基本的に、高いランクのホテルや旅館に宿泊するようになっているからです。


ランクが高い宿泊施設は、とても居心地が良いですね。


建物自体も新しくて洗練されているということいえます。


また、とても歴史が古く伝統ある老舗旅館なども高価ですね。


古くても、すみずみまで掃除が行き届き、清潔感は問題ないし、歴史の重みを感じます。


そして、お客様は神様のように至れり尽くせりのおもてなしを受けるのです。


アメニティもブランド品だったり、冷蔵庫の中がとても充実していたり、ミニバーがあったりと、滞在中に決して不便のないよう心配りがなされています。


逆に、安価なツアーの場合には、簡素なビジネスホテルが多いのです。


また、冬はスキー客で賑わうが夏は閑散としている、もしくはその逆のパターンのリゾート地のホテルを利用するという場合もあります。


旅行会社側でもいろいろと工夫して価格を下げてたりしています。
宿泊施設のランクに同意できれば、かなり格安で旅行ができるのです。

格安で国内旅行に行く方法(4)

格安で旅行に行くためにはツアーの場合、食事回数にも注意しなくてはいけません。


宿泊旅行の場合、通常は夕食と翌日の朝食がセットになっていますが、少し安いツアーは、朝食だけだったり食事無しということもあります。


そのような場合、移動の乗り物の中でお弁当が配られたり、もっと安いツアーになると、お弁当は希望者のみのオプションで希望しない方は各自用意というシステムになっています。


基本的に昼食はこのパターンが多いです。
もちろん食事回数が多くついてその上、旅行代金が安価ならそれが一番良いということになります。


オプションのお弁当は、通常1000円前後はしますので、これが家族全員分となると、3000円?4000円がツアー代金に加算されるということになります。


それが例えば2日分、2回の昼食となれば、その倍になるのです。
ツアー代金以外の出費ですから、結構大きいですよね。


あらかじめ食事回数に注意するのはこのためです。


少しでも格安でという方には、個々で食事を用意すると旅費はかなり安く抑えられます。


昼食ならおにぎりやパンが2・3個と飲み物程度で充分かと思います。


コンビニはどこにでもありますし、観光地でちょっとした名物を少しずつ食べているれば、お腹いっぱいになるということだってあります。


もし出発日の昼食がオプションになっていたら、自分で手作りして持っていくというのも旅費を抑える一つの方法ですね。

格安で国内旅行に行く方法(5)

旅行に行くときは普通、乗り物を使うと思いますが、どの乗り物にするかによってその代金が大きく変わります。


もちろん個人旅行の場合、乗り物の金額にはかなり差があるのでとくに注意が必要ですが、個人旅行はまた後ほどお話するとして、団体旅行でも乗り物によってツアー代金にかなりの差がでてしまいます。


結論からいいますと、最も安価な団体旅行は、往復バスを使用したツアーです。


なので格安で旅行に出かけようと思ったら、最初にバスツアーを探すのが一番手っ取り早い方法なのです。


そして次は列車や新幹線で、最も高価なのが飛行機を使う旅行です。


これはあくまでも『基本的にはそうである』ということで絶対にそうだという訳ではありません。


なぜならオフシーズンには飛行機の座席も空いている場合が多く、航空会社でも空席のまま往復するよりは、安くても人を乗せたいということで旅行会社と提携し、安く座席確保が可能だからです。


それは、列車や新幹線も同様、シーズン(閑散期)や路線によっては空席が目立つ場合、旅行会社と安価に契約を結びます。


その結果、バスと同じくらい安いツアーということも多々あります。


距離的に遠い場所は、圧倒的に飛行機を利用した方が、観光時間が多く取れますので、時間との兼ね合いを考えることも大事です。


しかし、比較的近い観光地ならバスでいろいろと立ち寄りながら、そこまで連れて行ってくれるバスツアーをお勧めしますね。


『格安の旅行の時はバスツアー』と覚えておけば、まず間違いなしということです。

格安で国内旅行に行く方法(6)

しょっちゅう旅行をする方々は知っていらっしゃるかとおもいますが、旅行というのは出かける時期次第で価格が大きく異なってきます。


とりわけ金額が割高時期は、おそらくあなたのご想像通り、皆いっせいに連休をとるお正月とそのあたり、お盆とそのぐらい、大型連休期間とそれの前後です。


こういった三つの大型連休時を外すことにより、とってもお安い価格での旅行ができるのです。


その次に割高なのは、学生さんたちの長期休暇がある時期と、カレンダーで数日連続のお休みである時。


この辺の時期は、国内旅行だったら言うまでもなく、海外旅行だとしても日本発着ですからかわらないというわけです。


海外旅行に関しては、一番安い時期と比較してみると、価格が倍以上になってしまうこともよくありますので、お得に旅行したいのであれば旅行に行く時期はかなり重要だと言えます。


とりあえず国内旅行のお話をしますが、であれば一番低価格の時期というのはいつなのか、ということになりますよね?


まあ一概には言い切れませんが、いまお話しした三つの大型連休のあたりは、思っている以上に価格が下がるものなのです。


連休の直前や直後は連休と同様に有給を利用したりできる為、旅行会社でもそれをちゃんと見越してあまり安くしてはおりません。


というわけで、それなりの日数を開けたぐらいということになります。


また、日本の冬場は寒いので、ウインタースポーツを兼ねた旅行や、雪祭りや流氷などを見学できるツアーでもない限り、2月はトータルでツアー代金がロープライスの月となるのです。


お出掛けになる場所のおまつりや、花火大会、紅葉などなど、何かしらの行事がある場合もその時期は価格がいくぶん高めで設定されるので、特別そちらのイベントが見たいのでないなら、そういった時期をさけるようにすれば、低価格の旅行ができるのです。

格安で国内旅行に行く方法(7)

ここでは団体旅行ではなくて、個人旅行をどのようにしてお得におさえるかというような内容をご案内しようと思っています。


はじめに、かなりお得なやり方をお話していきましょう。


それは、自家用車を利用するという方法です。


それに加えて、ホテルではなく車中泊をするのです。


このやり方の場合は、だいたいガソリン代とお食事代だけとなりますので、とってもお安く旅行ができることになります。


しかしながら、運転する方は、幾分キツいかも知れません。運転できる人が数人いるならば、交代で運転できますので、非常にラクになると思われます。


そして、自分の車で寝泊りするというのは、お風呂だけじゃなく御手洗いや洗面所がないということですので、道の駅やオートキャンプ場を使って夜を過ごすというのが賢明ですね。


こういった場所には、少なくとも、御手洗いがございますから、洗顔もできるはずですし、場合によっては温泉施設が併設された道の駅等も見かけたりします。


ただ、絶対お風呂に入りたいときには、行く途中、温泉にでも立ち寄ればいいだけなのです。


夏場のあたたかいシーズンだと、こんな風に車で旅行される方は、案外たくさんいらっしゃいます。


旅行費用の内、非常に大きい割合を占めるのは、どうしても交通費と宿泊代ですから、この2つを兼ねる自家用車は強いということです。


自家用車が狭すぎたり、睡眠をとるのには不向きといった場合には、レンタカーという選択肢もありだと思います。


それでも、人数分の交通費と宿泊費用を支払うことと比較すると、かなりお安くあがります。


冬場の車中泊では温かい寝具もなくては困りますので、持ち物はちょっと多くなります。

格安で国内旅行に行く方法(8)

自家用車があるのであれば、交通費と宿泊費をかけなくても旅行することは可能で、それがいちばんお安く旅行できる方法ではございますが、運転免許を持っていらっしゃらない方や、長時間の運転がつらいといった方にはこの方法は無理ですよね?


そのような時、車を利用する方法は除かないとダメですがそういたしますと、次におすすめなものは、長距離バスを用いる方法です。


とりわけ、夜間の長距離バスは、旅行を安い費用で上げるためには必須だと言えるでしょう。


というのも、バスの中で睡眠をとることができることで、宿泊費用を浮かせつつ、目的地での時間を目一杯活用できるためです。


しかしながら、深夜バスは、地域などによって朝早く到着してしまうことがほとんどですし、バス野中での睡眠に慣れていない方などはは、一睡もできない場合も多々あるようです。


ですがその点も、繰り返し利用することで、おおかたはなれて寝られるようになるといいます。


バスに比べると列車の方が 断然良いという方も多々いることでしょう。


列車は、駅弁を楽しみながら、車窓を流れていく風景を眺め、ゆったりとした旅行ができると思います。


やや高い印象がある列車ですが、そんなに遠く迄の旅行じゃなければ、普通列車を利用すればかなり安くすみます。


期間限定でにはなりますが『青春18きっぷ』なんかは、どなたでも使えるもっともお得な切符なのではないでしょうか。


この他にも、各地域によって、乗り放題などのお得な切符が多くでています。


『青春18きっぷ』とは違うお得な切符は、今季発売されても、来年もう無くなっている可能性もありますので、旅行を決めた時点でそのたび、確認してみた方がいいですね。


より一層安価な切符に変わっているかもしれません。また、行きは列車で、帰りは夜行バスで睡眠をとりつつなどの方法、それかその反対なんかもいいと思います。

格安で国内旅行に行く方法(9)

団体旅行で出かける際には、旅行会社の方で、人数を取りまとめてホテルや旅館を予約を取ることもあって、大幅な値引があります。


ですので、交通機関や、ホテルや、お食事もセットになっているにも関わらず、予想以上の安い価格での観光旅行が見つかることもあります。


ですが、残念なことに国内を個人で旅行する場合は、低価格で宿泊することができる方法が、あまり多くはありません。


一般的に、安い値段と言われているのは、簡素なビジネスホテルか、カプセルホテルなのではないでしょうか。


シーズン中ともなると、このようなホテルさえも満室になっていることがよくありますので、その位の料金だったら大丈夫という方は、早めに予約を入れておいた方が賢明です。


また、インターネットの旅行サイトでは、サクっとお得なホテルを見つけることが出来ますから、そちらの方も利用してみるといいと思います。


ホテルや旅館のサイトにも、たまに、ウェブ予約限定ということで、安価なお部屋を提供していることがあります。


安価なお部屋というのは、窓からの景観がいまひとつ内場合があるなど、少々、難のあることが多いと考えられますが、そういったことを気にしなければ、安い値段で、ある程度のホテルや旅館に宿泊することも可能です。


これは少しリスキーだったりしますが、旅行当日に宿泊予約を取るという方法もあります。


宿泊施設のほうも、空き部屋にしておくよりは安い金額でも宿泊客がいたほうが良いということで、前日や当日には、とっても安価なお値段を設定していることも考えられます。


もし一緒に旅行するかたのなかに、小さなお子さんがいらっしゃる時は、その年齢によっては無料となることがよくありますから、そちらも確認してから決めることをおすすめいたします。


とにかく安価ということにこだわるとしたら、いっそユースホステルに宿泊するという方法もあります。


会員になると、3,000円ぐらいから宿泊することができますので、低価格の旅行が希望なら悪くはないと思います。

まとめ

格安で旅行に行く方法はいかがでしたでしょうか?
あなたにあった旅行の方法は見つかったでしょうか?


格安で行ける方法は色々あったと思います。
あなたの希望の旅行に行く方法を見つけて、楽しんでいただければと思います。


今回は国内旅行の格安の方法でしたが、海外への格安方法の記事も計画していますので、宜しくお願いします。

このページでは『格安で国内旅行に行く9つの方法』について、掲載しています。仕事が忙しくて、いけないとか、そもそも予算がなくて行けないという方も少なくないのではないでしょうか?そのような方へのアドバイスをしている内容を掲載しています。色々なパターンがありますのでどうぞ参考にしてください。