旅行に便利な持ち物の情報

国内旅行で必要な持ち物をチェックしてみよう!


キャリーバックについて

旅行の準備をする時に、 持ち物はこれでいいかな・・・
とか、何か不足しているものはないかなど あなたは迷ってしまうコトはありません?


そこで、旅行中にあると便利な物や意外と忘れがちな持ち物をカンタンにまとめてみましたので、 旅行の準備の際には参考にしてもらえればと思います。


国内旅行や海外旅行でも旅行の持ち物はだいたい似ているのですが、 多少違いがあるところももありますので、今回は国内旅行の時にお役に立つ持ち物を紹介します!

まずおおまかに旅行に必須な持ち物をカテゴリー分けしてみました。

◇◇目次◇◇
●国内旅行の持ち物
 ①現金・証明書・カード類
 ②電子機器関連
 ③洋服
 ④収納グッズ
 ⑤洗面用具
 ⑥各種乗り物関連
●海外旅行の持ち物
●まとめ

※この項目に沿って旅行の持ち物で必要な内容について説明します。

国内旅行の持ち物│①現金・証明書・カード類

キャッシュカードについて

現金
現在、クレジットカードが当たり前となり、現金はあまり使わないという人も増えてきました。


また、最近はキャッシュレス化を各社アピールしつつあり、日本も世界から遅れていますが、徐々にキャッシュレス化に変わって行くと思われますが、2024年には新しい紙幣・硬貨に変わります。

まだまだ日本の現金主義は続くと思います。
そして、クレジットカードを使用できない店もあるので現金は少なからず必要と思います。


念のために少しは持参しておくべきと思います。
また、無くしてしまった!ということにもなり兼ねませんので、分けておくのも良いですね。


キャッシュカード
旅行に行くとありがちなのが思わず欲しい物が高価で、お金を使う場合なには、あると安心ですね。
お金が足りなくてできない・・・と、旅行先で我慢しなくて済みますよ。


クレジットカード
現金をいくら持参すれば良いのか?考えなくていいので、旅行中クレジットカードは、いつも以上にとても便利なアイテムです。


運転免許証
レンタカーを借りる予定がなくても、現地でレンタカーを
急に借りることもあると思いますので、運転免許証を持って行きましょう!


健康保険証
旅行中、急な体調不良・ケガなどで病院へ行く必要になるかもしれませんので持って行くことをオススメします。


学生証
旅行先の観光地などには学割が結構ありますので学生の方は持参しておきましょう。

国内旅行の持ち物│②電子機器関連

スマホについて

スマホ(携帯)・充電器
カメラ・腕時計・お財布ケータイ、緊急時の連絡手段など、それらが備わった機能があるスマホは子供?年配のかたも利用している今や現代人の必須アイテムです。


特にすぐに残量の減りが速いスマホのバッテリーを気にしながらというのはイヤですよね。

ということで充電器も忘れずに。 また、ホテルのコンセントは意外と少ないところが多いので、USBポートも持参するのも良いでしょう。

パソコン・タブレット
スマホ以外で、パソコン・タブレットを持って行く場合もありますよね。 そちらのバッテリーも必要ですね。
また、最近はホテルでWi-Fiはほぼ使えますが念のため有無は事前に確認しておきましょう。

国内旅行の持ち物│③洋服

下着
下着は日数分は必要になりますし、夏場なんかは、汗をかきますので少し多めに持っていきましょう。


靴下
靴下も最低、日数分持っていきましょう。
豪雨などでぬれてしまったときのために余分にあってもいいかもしれません。


洋服
季節にもよりますが、ジャンパー・パーカーなど、またジーパンなど毎日変える必要はないですが、必要に応じて持っていきましょう。


パジャマ
ホテルによって、パジャマがついていないこともあります、ホテルのサイトで事前に一応確認することをおすすめします。
また、浴衣式の寝巻きがイヤな方は必要ですね。
私は寝巻きはヒザが直接触れるので苦手なので、パジャマか冬は薄いジャージを持参して行きます。


ティッシュペーパーについて

水着
行き先によりますが、海に入る予定がなくても、ホテルのプールなど入りたくなることもありますので持って行ってもいいかもしれません。


ハンカチ・ティッシュ
旅行中の色んな場面で役立ちますし、急に鼻血が出たら心配という方はポケットティッシュは持っていた方が良いでしょう。鼻血の場合はマスクもあった方が良いですね。


ウェットティッシュ
これはあると何かと便利です、普通のティッシュで取れない汚れには重宝します。
また、アルコールタイプのもありますので、汚れが取れないところや殺菌には便利ですよ。

国内旅行の持ち物│④収納グッズ

ピルケースについて

クリアファイル
今やスマホで情報は事足りますが、パンフレットなど折り曲げたくないものがある時はクリアファイルがあればそれらをひとつにできて便利かもしれませんね。


ピルケース
薬やサプリ以外にピアス・指輪などの小物を収納するのにもとても便利です。
特に100均にはさまざまな種類がありますので、好きなのを探して下さい。


衣類圧縮袋
これは必須ですね。一番場所を取る衣類を圧縮する袋はほんとに必須です。
少し多めにあるととても良いですね。


ビニール袋
何かと袋は使いますよね。ゴミを入れたり、何かを入れたりで袋は多めに持っていくのが良いでしょう。


洗濯ネット
ホテルで着替えた下着などを入れて、家に帰ったらそのまま洗濯機へ入れれば楽です。
透けないものの方が、旅行カバンを広げても見栄えも良いし安心ですね。


S字フック
移動中など、壁などに鞄をかけたり、何かと使うことができますので意外と便利なアイテムです。


キャリーオンバッグやセカンドバッグ
ホテルに着いてキャリーケースをおいてから観光に行くときに財布やスマホなどを入れておくワンショルダーバッグやリュックなど…。両手が空くと気分的にも良いですし、更に便利ですね。
あとは、おみやげを買ったりで荷物が増えたときには折りたたみできるキャリーオンバッグはゼッタイあった方がいいですよ。


小銭入れ
カードが使えないところでは、ホテルの部屋からでて、売店でなんか購入するときなどに、あると超いいかもしれませんね。

国内旅行の持ち物│⑤洗面用具

化粧品について

化粧品
できれば、薬局やコンビニなどで旅行用の化粧品セットを購入して、必要な普段使っているものを入れて、できるだけコンパクトにしておくのがベストですね。


ひげ剃り・整髪料
ホテルのアメニティグッズにあるかもしれませんが、意外と品質が悪く剃り心地が良くありません。 できれば電動のひげ剃りか少し高価なひげ剃りを持参した方が良いかもしれません。


メガネ・コンタクト+洗浄液
普段使っている方は絶対に忘れないと思いますが、とりあえず気をつけましょう!


歯ブラシ・歯磨き粉
ほとんどのホテルにはついていますので、嫌じゃなければ特に必要はないと思います。


バスタオル・タオル
ほぼホテルにはついていますよね。民宿とかはないかもしれませんので、念のため宿泊先の確認は必要と思います。


シャンプート・トリートメント・ボディーソープ
これもほとんどのホテルにはついていますが、お気に入りのものが使いたい方は、必要な分だけ使えるように、小ケースに入れて持って行きましょう。


※吊り下げ式のポーチであれば洗面用具はユニットバスなど、洗面所が狭い場合でも場所をとらずに使えて便利です。
さらに、メッシュタイプのポーチは風呂場で使ったあとに濡れたシャンプーなどをそのまま入れても大丈夫です。

国内旅行の持ち物│⑥各種乗り物関連

綿棒について

アイマスク
移動中に少しでも睡眠を取りたいという方には便利なアイテムです。
特にオススメは使い捨てのホットアイマスクは種類が豊富でリラックスできます。
約10分間の効目があり、かなり目がスッキリ・ハッキリしますので、一度使ってみてはいかがですか?


綿棒
なにかと便利なので、数本はもっていても良いかもしれません。 特に耳がかゆいときにはとても良いですよ。


常備薬・医薬品・酔い止めなど
酔止めや頭痛薬などあなたが必要な薬は持って行くへきですね。
胃薬は旅行中に食べ過ぎなどでも良いですし、出張で夜の飲み会などには、ソルマックなども必須かもですね。


折りたたみ傘
天気予報を確認して、少しでも可能性があれば持っていると安心ですし、小さめのタイプの傘だったら、入れっぱなしでも良いかもしれません。
旅行先でも購入可能ですが場所によっては周りにコンビニなどがない場所もありますので、事前に購入しておきましょう。


カイロについて

防寒具(カイロ・マフラーなど)
特に北の地域へ行く時は、朝晩は思ったより寒いコトもありますので、 そんな時には、特に使い捨てカイロは便利です。
個人的には、貼るタイプのカイロを腰より少し上の位置に下着の上に貼るのがとても良いです。
貼るタイプのカイロはとてもオススメですよ。


日焼け止め
夏の旅行で海水浴という場合もありますよね。
日差しがとても強い観光地が多いのでやきたくない方はお忘れなく!


サングラス
紫外線の対策には、サングラスが有効ですが、できればカッコイイのがよいです。

虫除け
旅行で山に行く場合もあると思いますので、虫除けは必須です。
タイプはさまざまですが、シートや塗るタイプのまずは防止するためのアイテムがオススメです。


ワイヤーロック
パソコンなど持って行く場合などには、あれば盗難防止に安心ですね。
大げさのように思えるかもしれませんが、パソコンの情報はとても重要ですので、セキュリティは大事です。


髪留め
ホテル・旅館などでお風呂上りにとても便利なグッズです。
タイプは色々ありますので、あなたの気に入った髪留めを購入して下さい。

筆記用具
スマホにメモ機能がありますので、最近はあまり必要ないと思われますが、 ビジネスマンは必須ですので、極力コンパクトなものが良いと思います。


だいたい旅行の持ち物に必要と思われるのは、こんな感じでしょうか。
必須なものや便利な物をいろいろとあげてみました。


分かっていても、いざとなると意外と忘れがちなものって結構あると思います。
かといって何でもかんでも過剰に持って行けば、荷物だけで大変になってしまいます。
自分に必ず必要そうなものを選び、楽しく旅行にして下さいね。^^


旅行で必要な持ち物の国内編はここで終了です。
何度か繰り返してご覧いただければと思います。

海外旅行の持ち物で特に役立つ便利グッズは?


モバイルバッテリー

旅行中にスマホで世界遺産の撮影や建物・風景などの写真を撮ったり、スマホでサイトの検索であるガイドブックや地図に使っていると、とても気になるのがバッテリーの残量です。


観光をしていてもバッテリー残量がなくならないようにするには、モバイルバッテリーは必要な持ち物です。
できれば、超大容量のモバイルバッテリーがあると便利ですね。

ウェットティッシュ(流せるタイプ)

国内・海外問わず、旅行の持ち物の便利グッズはなんといってもウェットティッシュ!
海外レストランの多くは、日本とちがって、オシボリなどがだされるということはほぼないため、必ず持って行った方が良いです。

ですので、ウエットティッシュは、現地でとってもお役に立つと思いますよ。
特に、アジアの場合は、衛生面など、不安な面がある場所もあるので、食事のときなど、中心に重宝されているようです。

すぐ手が洗えないというところは、ウエットティッシュは必需品のようです。
更に流せるタイプのウェットティッシュは、トイレで使用できるため、必ず必要ですね。

携帯用スリッパ・使い捨てスリッパ

携帯用のスリッパ・使い捨てのスリッパですが、海外ホテルにはスリッパなど、おいてないというところも少なくありません。 また、フライトのときには、リラックスできるため、ひとつあれば良い持ち物です。

海外のホテルは、スリッパが無いところが多いので、「使い捨てスリッパが手元にあり、とても助かった。」とか、「長時間フライト時に携帯用スリッパは必需品。」というが意見多数ありました。

ジッパー付きポリ袋について

ジッパー付きポリ袋

ジッパー付きのポリ袋は必須な持ち物です。
ジッパー付きポリ袋は特に中身が見えて取り出しやすいのと、ジッパーが付いていて、口の部分が閉まり持ち運びに便利ですので、ポーチ・財布のかわりにに使用しているという声も・・・。

「あると、物を詰めるときに壊れやすいものや紛れやすいと思われるものなどまとめられます。」とか、「化粧品や着替え、その他のものすべてジッパー付ポリ袋に。」というネットの意見あるようです。

「袋のサイズ(S・M・L)もいろいろとあるし、中が見えてさがしやすいし、かさばらないです。」とか、「ジッパー付きの袋ですと、日本の通貨と現地の通貨を分けて入れられので良いです。」などなど、使い方はひとそれぞれです。

キャリーオンバッグ

キャリーオンバッグは、スーツケースの持ち手に通せるタイプのバッグで、、スーツケースに上に乗られるので、とてもラクチンです。
小さくして折りたたむことができるタイプは、ひとつ持てば、お役に立つ便利なグッズです。

キャリーバッグに通せるボストンバッグが折りたたみができるので、どこにでも携帯できて、便利です。
お土産など、荷物が少し多くなるかもしれないので、折りたたみ可能な、キャリーに通せるサブバッグは持参しましょうね。

折りたためるサブバッグ(リュックも◎)

折りたためるサブバッグというのも必要に応じて大きさを変えられるのであると本当にいいですよ。
コンパクトにたためるバッグをスーツケースに入れておけば帰りに荷物が増えた場合にはサブバッグとして利用できる便利な持ち物。

口の部分が閉まるタイプだと預けて荷物にもできるので良いです。
「帰国した際に荷物が増えてしまい、オーバーチャージを取られたと言うコトがあり、そのことがあってたからは折り畳みボストンバッグを必ず所持するようになりました。」
という意見や、「サブバッグはリュック型がありますが、それがとても便利でした。」というなどの声も・・・。

エコバッグ

エコバッグは観光のときに買い物などで荷物が多くなってしまったときにとっても便利です。
日本もそうですが、海外のスーパーでも袋が有料なこともあるのでひとつカバンにいれておくと買わなくてすみます。

そのようなことで、エコバッグは必要な持ち物です。
海外はショッピングバッグは無料は少なく有料のものが多いため長期の旅行のときには3?5コぐらいはあった方が便利に使えます。

もし、気に入ったものがあれば、自分のお土産としても、増えてしまった物を入れるにも便利なので旅行先で売っているエコバッグを購入するのもイイですね。

ポケットティッシュについて

ポケットティッシュ

旅行の時のためだけにポケットティッシュを使うのではなく、普段から必要な持ち物です。
日本の製品は特に高品質で柔らかいティッシュですが、海外製は売ってないところが多いのと、トイレに流せるタイプもあるととても便利です。

ポケットティッシュはトイレ用に使うだけではなく、他も色々な用途で使えますが人によっては、BOXティッシュの中身のみ持って行く方もいるようです。

インスタント食品

海外旅行で洋食中心の食事が毎日だと、どうしても日本食が恋しくなりますよね。
海外旅行にはカップラなどのインスタントの食品があると良いと思いませんか?

ほかにも日本製のお菓子や醤油・味噌など調味料を持って行く方も少なくありません。
結局、あることに気づかず食べるのを忘れてしまった!ということでもインスタント食品・お菓子などは帰りに現地にいる友人にプレゼントするととても喜ばれます。また食事が合わないという時にカップラは救世主かもしれません。

割り箸・プラスチックスプーン・フォーク

いろんな意味で非常食(カップラ・インスタント食品)は必要な持ち物ですので箸(割り箸)やフォークなどが必要です。
使い捨てができるプラのスプーンまたフォークはスーパーで買った時に食べる場合、海外では日本のようにもらえないという場合が多いですので、事前に準備しておきましょう!

割り箸はきれいなものを持っていくと、お土産代わりにもなりますよ。

マスク

乾燥しているフライト時の機内にぜひ持っていきたいと思うマスク。
海外では日本と違い、街中で病気でないのにマスクをつけていると意外と変な目で見られることもあるらしいので、少し注意が必要です。

フライトが長時間だと乾燥が結構ひどいので、起きているときも寝ているときもマスクはつけていた方が良いと思います。
できればマスクは乾燥を防ぐ濡れマスクが最適だと思います。

アイマスクと耳栓

機内でゆっくり寝たいときに欠かせないものはアイマスク&耳栓です。
航空会社によっては、アメニティで用意してあるところもあるようですが、一応持参すると安心ですね。

機内で眠るとき、には耳栓とアイマスクがあると、とても便利です。
短い時間のフライトにも耳栓は必要なアイテムです。
飛行機のジェット音を遮断するだけで疲れがまったく違います。

アイマスクは使い捨ての蒸気でホットアイマスクがおすすめしたい持ち物です。

ネックピロー

フライト時に使用するネックピローは必ず持って行くという方の意見も多かったのですが、その反面、自分の首に上手くフィットしないため、合わなくて苦労しているなどのエピソードも聞かれます。

「ネックピローを使用すると首があまり痛くならずに寝られますが、機内で使用するエアー枕をいろいろと試したり、タオルで上手く工夫しても、なかなか自分に良いと思うものが見つかりません。」との意見もあるようです。

衣類圧縮袋について

衣類圧縮袋

収納系でいうと、衣類圧縮袋はすぐれもの。
特にジャンパーやコートなどが必要な冬場の旅行は圧縮すると、スーツケースにかなり余裕ができるのでとっても便利ですよね。

帰りは、おみやげなどで荷物が多くなるので、衣類の圧縮袋は旅行には必要な持ち物と思います。
旅行中のときの服などの整理に利用したりしますが、逆に荷物が少ない時、中に入れる空気量を調整しトランクの中身の動かないようにするのも良いですよ。

携帯用の物干しハンガー・洗濯ピンチ

携帯用の物干しハンガー・洗濯ピンチは下着や靴下などの持ち物を少なくして、ホテルで自分で洗濯をする場合には役立ちます。
携帯に便利な小型のものが100均などでも購入できます。

海外のホテルでは、ハンガーが固定式のところが多々あるので、どこにでも便利にかけることができる携帯用の物干しはとても便利ですよ。
洗濯ピンチは、洗濯物だけではなく袋の留め具としても活用できますし、持ち物を少なくできるため、携帯用の物干しハンガーはオススメのグッズです。

衣類収納ポーチ

最近は、メッシュ素材の旅行用衣類収納ポーチもたくさん販売されており、洗濯ネットの代わりになるという声も多い便利グッズです。

収納は中が見えることが重要です。
100均の洗濯ネットなど中が見える物を活用しましょう!

着替えは洗濯ネットに入れておき、着替えた衣類はネットに入れて持ち帰って、そのまま洗濯機に入れて洗濯すれば時短になりますよ。

洗濯ロープ

洗濯ロープは旅行の際に衣類関連の洗濯物を減らしたい場合以外にでも、行楽地などで水着を乾かすときにもお役に立ちます。

洗濯ロープは洗濯物を干すためだけでなく、ホテルに何日か滞在する際は衣類を吊るしたりしてハンガー代わりにも。

部屋のハンガー類が少ないことが多いしスペースも限られるので、洗濯ロープがあると便利ですよ。

風呂敷

意外と日本の風呂敷は包むだけではなく、そのまま持ち運べて、バッグの変わりにも使える便利アイテムです。
絵柄がとても可愛いものなどもあり、旅行のモチベーションもアップします。

まとめ


国内・海外に旅行に行く時の持ち物について説明してきましたが、いかがでしたでしょうか?
旅先によって持って行く持ち物は変わってきますが、基本的な物はあまり変わりがないと思います。


このページに持って行く時に忘れないようにチェックボックスを付けていますので、おすすめとしては、確認のためにチェックすることをオススメします。


国内と海外と別にしていますので、旅行の行き先によって使い分けて下さい。
また、最近はスマホがあれば、色々な情報が分かりますので、便利に使っていると思います。


以前は、電話やメールの活用方法が主でしたが、今は、スマホ一台でどこでも行けて、交通機関、買い物、食事も更に電子マネーなど色々と便利なことばかりです。


また、パスワードの管理も忘れてしまった?ということも少なくないと思いますので、自分が分かるようにしなければなりません。


しかし、気を付けなければいけないことは、2019年7月の事件のようにセブンペイなどのように情報を盗まれるということです…なので、二段階認証、指紋認証などは必須と言えるでしょう。


私が良く利用しているのは、Google認証システムです。
アプリが対応していることで、使えますし、全てが一覧で管理できるので、結構使い易いです。
ただ、設定は少し時間がかかりますが、それだけセキュリティがしっかりしているといえるでしょう。


旅行に行く場合で、持ち物を備える前にそのような準備も必要ですので、覚えておいてくださいね。
そして、旅行の持ち物を決めることが、今度は、ホテルや交通機関の予約となります。

このページは『国内・海外旅行に必要な持ち物』について、掲載しています。旅行に行く時に必ず必要な持ち物と、あったら便利なグッズを紹介しています。あなたが必要だと思う持ち物リストにチェックを入れて確認できるようにしていますので、どうぞご利用下さいませ。意外と忘れがちな持ち物は結構あります。また便利グッズがあれば快適な旅行に役立ちます。旅行の前に一度持ち物をチェックしてみてはいかがでしょうか?